トップページ | そばかすを消せるのみぐすり »

2014年1月16日 (木)

老化予防と活性酸素(活性酸素

老化予防と活性酸素(活性酸素を消す酵素であるSODやその酵素と同様の働きをするといわれているSOD様食品も注目されています)は、すごく密接な関係にあります。

それは活性酸素(抗酸化物質を摂取するのもいいですが、なるべく発生させないように努力するのも大切ですね)がもたらす酸化が、老化の大きな要因となっているからです。

ヒトは呼吸によって体内に酸素を取り入れ、その酸素で活動しているのです。

しかし、その酸素の中の一部(約2パーセント)が体内で活性酸素(激しい運動をしすぎていたり、ストレスや疲れを溜めていると、発生しやすくなってしまうでしょう)として残り、酸化をもたらすだと言われています。

酸化というものは、活性酸素によって過酸化脂質が増えたりDNAが破損する事をいいますが、それは老化の一種となっているんです。

活性酸素(飽和脂肪酸と結びつくと、過酸化脂質になってしまう点にも注意が必要ですね)がもたらす過酸化脂質は、高血圧(一日のうちでも変化していますし、精神状態にも左右されます)、心筋梗塞(発症する敭日前にも強い痛みを感じることが多いといわれていますが、感じないこともあるそうです)、糖尿病、脳卒中(日本の死亡原因第三位で、150万人くらいの患者がいるといわれています)なんかの生活習慣病(発症する原因が生活習慣にあると考えられている疾患全般の総称です)を誘発させますし、DNAの破損は、細胞をがん細胞に変異させる危険性が高まると思いますよ。

このような病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)に罹ると、身体は著しく老化してしまうでしょう。

活性酸素(呼吸をすると、その酸素の約2%が活性酸素になるのだとか。増えすぎを防ぐためには、ビタミンやポリフェノールなどを摂るといいでしょう)を増やしてしまったりする原因として、ストレス(原因になるもののことをストレッサーと呼ぶのだとか)、紫外線(曇りや雨の日でも紫外線は降り注いでいますから、晴れの日と同様の紫外線対策が欠かせません)、喫煙(吸っている本人だけでなく、側で煙を吸った人の健康にも影響が出るといわれています)、大気汚染、食品添加物(調味料や保存料として加える他、香料や着色料など、食欲をそそるために加える物質もあります)、放射性物質などがあって、現代社会の生活(自分である程度コントロールできることもあるでしょう)においては、活性酸素(非常に毒性が強く、老化の原因とも考えられています)を減らすことが困難だといえます。

抗酸化物質(一般的には、脂質の過酸化反応を抑制する働きを持つ物質を指すことが多いでしょう)を体に摂り入れて、酸化を防止したり、活性酸素(激しい運動をしすぎていたり、ストレスや疲れを溜めていると、発生しやすくなってしまうでしょう)を減らすようにすることが老化防止でしょう。

トップページ | そばかすを消せるのみぐすり »

美容・コスメ」カテゴリの記事